安全機能

車社会ですから、車がないと大変不便です。

大都会であれば車がなくても、あまり支障はないのですが、ちょっと地方になると車がないのは致命的です。

誰でも車に乗らないと生活が大変ということになるんですよね。

便利以上の必要性があるということになります。

それでも車の運転が得意な人得意じゃない人、向いている性格、向いていない性格はいます。

AT限定の免許が出来た経緯は、AT車が増えたからではなく、ATなら運転できるがMTじゃ無理だという理由がある人も車社会の恩恵を平等に受けれるようにというものだったと記憶しています。

そのうちにMTで免許を取るのが技術的に難しい人がMT限定に飛びつくという時代を経て、いつの間にか「AT車が主流なんだから、AT限定免許がある。」という勘違いが生まれました。

AT限定の人の数が多くなったからでしょうね。少しかっこいい言い方に変換されてしまいました。

しかし実際の話しAT限定免許の取得者のほうが事故率は高く、しかも車を知っていればその事故は起きないよ!基本的なことだよ!という内容のものも多くなっています。

でも車は運転しなくてはならない

車業界も市場の拡大のためには、AT車限定でなくては免許は取れなかっただろうなというタイプの方でもターゲットにしなければならないでしょう。

そこから安全機能の充実というものに、各社力が注がれるようになりました。

たしかにストレスフリーの運転ができるようにという配慮もあるでしょうが、それだけ事故を起こさない運転を心がけられる人が少なくなっている、もしくはそういうタイプの方を選別することができなくなっているという世の中になっているのかもしれません。

毎日ラッシュがあって、狭い日本であれば、イージードライブは望ましいものでしょう。

とはいえATしか運転できないと、車がどうして動いているのかということを体感する機会が少ないというのも事実。

やはり安全運転は「相手をしる」ということから始まるんですよね。

理想としてはMTも乗れるんだけどイージードライブのためにATを選択しているという方が、運転の質としては向上すると思われます。

どのような安全機能があるのかを知ると、自分のウイークポイントをカバーしてくれるモノが見つかるかもしれません。